岐阜県多治見市の「行政書士まつもと事務所」建設業許可,建設キャリアアップシステム,外国人ビザ,終活サポート,遺言書作成取り扱っております。

岐阜県多治見市の行政書士まつもと事務所

【対応地域】岐阜県、愛知県を対象エリア。多治見市、土岐市、瑞浪市、可児市、美濃加茂市、瀬戸市、尾張旭市、春日井市、小牧市、名古屋市

0572-29-1647

電話受付時間 : 平日9:00~18:00休業日:土日祝

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

40代から始める終活!私らしい生き方

終活と聞くと60代70代の自身の死に意識をし始めた方がするものだと思われがちです。

むしろ、40代の自分ではなく自分の親に対して介護が必要になった時の希望や、葬式は身内だけがいいのか?やお墓はどうしたいのか?預金は誰に残したいのか?など身内の揉め事に巻き込まれないように遺言書を書いてほしいと心の中で思うのですが、遺言、終活と聞くとどうしても死を連想させてなかなか親に相談でない方も多いのではないでしょうか。

そんな時、親に対して遺言書や終活を進めるのではなく40代であるご自分の終活をすることをおすすめします。ご自分でこんな老後にしたい、残された家族への想いなどを共有することで自然と同じ目線で終活について話し合うことができます。

これが寄り添うということ・・・押しつけではなく寄り添うことで親の終活についてもスムーズにすすめられます。

40代の終活は、自分に残された時間をあえて意識することによって充実した人生を送るための準備をすることができます。一言で終活といっても年齢や立場、考え方によってどんな進め方をするかは異なります。終活と聞くと財産を誰に譲るのか考えたり、老人ホームに入所するかを考えたり、亡くなったときに連絡してほしい人を考えたりなどのイメージを持っている方もいるでしょう。しかし、それ以外にも自分自身が楽しく人生を送るためのプランニングをすることも終活の一部です。最近では「自分の命が尽きるまで悔いのない過ごし方をするぞ」と40代のうちから終活をスタートさせる人が増えています。これから財産や家族を築き上げる年代である40代は、終活が人生の目標を決めることにもつながります。

女性行政書士によるやさしい終活一緒にはじめませんか?

終活についてご相談なら多治見市の行政書士まつもと事務所までお気軽にお問合せください。

松本:090-5102-0262

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

nineteen − 12 =

Return Top